2016年02月25日

ジュンク堂書店の棚、改装中

当会製作のCDを、全国唯一、店頭で販売されている「ジュンク堂書店 池袋本店 6階」ですが、
現在、本棚を改装中です。
CDは、今まで通路の壁面に並んでいましたが、本棚に移動するようです。
今は暫定的に置かれていますが、落ち着くまでもう少し掛かります。
6階は、医療関係やコンピューター関連のフロアなので、医学の棚の方に移動するのかな〜。
池袋に行った際、ぜひ、お立ち寄り下さい。
矢部
posted by tapeban at 18:54| Comment(0) | 日記

2016年02月16日

CDリストの補足

CDリストの価格ですが、定価のみのタイトルと、消費税5%込みのタイトルが混在しています。
修正するまでの間、お手数ですが確認のご連絡をお願い致します。

*CDリストの更新が完了していないタイトルを書きます。

<オーロラ自由アトリエ>
@避難ママ 沖縄に放射能を逃れて 山口泉著 7時間15分 1400円+税
  BT 著者ライブ音源(CD版あとがき インタビュー)
底本発行 2013年3月11日 底本ISBN 978-4-900245-15-0
音訳CD版発行2014年3月11日

愛する者の命は、自分で守ろう!自分の頭で、考えよう!2011年3月11日、東北地方を襲った巨大地震と大津波により起こった東京電力・福島第1原子力発電所の大事故。放射線汚染から子どもを守りたいと、沖縄へと逃れた女性たちが、いま語り始めた。「被爆」の不安に苦しむ人たちの役に立てば――。そして、いつか我が子が大きくなったとき、「避難」を決意した前後の痛切な気持ちを知ってほしい……。「避難ママ」たちが考える“3.11以後をどう生きるのか?”
2011年3月11日の巨大地震と大津波により起こった福島第一原子力発電所の大事故。放射能汚染から子どもを守りたいと、沖縄へ逃れた女性たちが、「避難」を決意した前後の痛切な気持ちなどを語る。

Aさだ子と千羽鶴 SHANTI編 1時間51分 1000円+税
底本発行 2010年10月3日(第9刷) 底本ISBN 4-900245-02-X
初版発行1994年8月6日  音訳CD版発行2014年8月6日

1945年、アメリカによって広島に原爆が落とされた後、即死を免れてからも、たくさんの人びとが原爆症で亡くなっていました.そのうちの一人が、佐々木禎子さんです。禎子さんは病床で「鶴を千羽折れば病気が治る」という言い伝えを信じて、薬の包み紙を折り続けたのでした。しかし、彼女の願いも放射能の前にはかないませんでした。彼女の死後、クラスメートは禎子さんのために、また、原爆で死んだたくさんの子どもたちのために慰霊碑を建てることにしました。この願いが日本中・世界中の人々に伝わり、広島に「原爆の子の像」が建てられることになったのです。

◆「オーロラ自由アトリエ」のCDのお申し込みは、当会まで、お願い致します。

以上です。

矢部
posted by tapeban at 20:35| Comment(0) | 日記

2016年02月10日

続CDリスト更新

先週に続き、CDリストを更新致しました。
しかし、ミスも判明(泣)。
もうしばらくお待ち下さい。
矢部
posted by tapeban at 23:04| Comment(0) | 日記